ローダウン&ワイドリムは、今やDAXシャリイカスタムの必須アイテム。
そこで、あさひ輪業に毎日のように寄せられる『シャリイのノーマルの足回りに4Jホイールをボルトオン装着できますか?』という質問にお答えします。

あさひ輪業で販売中のパーツを使えば4J化だって簡単です。
パーツリストとオンラインショップは⇒こちら


では、まずフロント周りから。

シャリイのノーマルフォークは大きく分けて2種類のものに大別することができますが、いずれのフォークも、無加工での4J装着は不可能です。これは、サスペンションがストロークした際にリムの耳がフロントフォークアウターの端と干渉してしまうためです。(ノーマルフォークの種類はモトモト2007.10月号『I LOVE Chaly』のコーナーで紹介していますので参考にしてください。)

では、どうしたらボルトオンで4J化できるのでしょう。最も簡単なのは、あさひ輪業製の『4Jホイール対応ショートフロントフォーク』を使用する方法です。
  (詳細は⇒こちら)

このフォークは形状をノーマルと同様としながらも、アウター長を変更することにより、ストロークした際でもリムとの干渉を避けられる構造になっています。また、強化タイプのショートスプリングを採用し、初めからローダウンも施されており、面倒なスプリング交換も必要ありません。また取り付けもノーマルフォークと交換するだけなのでとっても簡単です。


ただし、シャリイ用のカブトフェンダーと併用する場合、一部小加工をします。

画像の,陵佑法▲侫Д鵐澄璽好董爾離廛譽梗をプラハンマー等で起し、平らにします。(リムの耳との干渉を避けます)

次に△良分を削って外側に追い込みます。(ステーをハの字に開いて干渉を避けます)

以上の箇所の加工で簡単に4J化が完成です。


さて、フロント4J化が簡単に出来たところで、お次はリアです。

こちらはノーマルのスイングアームを使用します。スプロケットは前後とも、Gクラフト製のオフセットタイプを使用します。この方法なら面倒なチェーンラインやホイールセンターの調整も必要ありません!

ただし、この場合ノーマルよりも太いサイズのリアショックを装着すると、チェーンとリアショックが干渉することがあります。また、37T以下のリアスプロケットを使用するとスイングアーム上部とチェーンが干渉するので注意が必要です。
画像ではあさひ輪業製の『フルカバータイプショートリアショック』を使用しています。 (詳細は⇒こちら)


ここでちょっとポイントです。

画像のの箇所、左右のリアアクスルサイドカラーの外側に、クリアランス確保のための2亳のワッシャーをそれぞれ1枚ずつ挟んでホイールを装着することで、よりクリアランスが取れて安心です。
ただし、必ず左右に同じ厚さのワッシャーを使用しましょう。片側だけに入れたり、厚さが違っていたりすると、ホイールセンターが狂ってしまいます。


おまけですが・・・
ノーマルチェーンケースも着けたいというユーザーさんに・・・

後部のステーはい陵佑棒擇蠎茲蝓位置を下げて干渉を避けます。このとき、リアショックとチェーンケース。チェーンケースとドライブチェーンのクリアランスを、ワッシャーなどで調整しながら組み込むと、より余裕のあるクリアランスが確保できます。


次に前部のステーは・・・

ノーマルのチェーンケース前部のステーは上側に向かってL字に曲がってスイングアームに溶接されていますね。これを曲げなおして下に向かってL字にします。
つまりイ里茲Δ望し取り付け位置を下げるわけです。
走行前にドライブチェーンの干渉を確認して、必要に応じて微調整します。


どうですか?簡単でしょう?
ハブはフロント、リアいずれの場合も、ノーマルのハブを無加工で使用します。(リムやスプロケットの装着はGクラフトさんの取扱説明書に従って正確に行ってください)
いずれの箇所も大掛かりな加工機械や溶接などは一切必要なく、ハンドツールで簡単に加工できます。

さあ!皆さんも『簡単4Jホイール化』挑戦してみてください!!

▼デモ車輌の詳細は⇒こちら

▼4Jホイール取り付けの詳細は⇒こちら