あさひ輪業デモ車 簡単4J、ローダウン
あさひ輪業TOPIX
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 || Next»
本日、カスタムパーツメーカー『キジマ』の木嶋会長がご来店くださいました。
キジマ製の4ミニ系新商品の店頭ディスプレイを、自らあさひ輪業に届けてくださいました。

大手老舗用品メーカーの取締役会長の突然のご訪問に、最初は少々緊張しましたが、木嶋会長は、大変気さくな方で、新商品のアイデアやデザインについて、色々と意見交換をさせていただきました。
null



こちらは、キジマ製、モンキー用アルフィンカバーの試作品。
試作品ということで、実際の商品とはデザインが違う、大変貴重なレア物です。
なんと、これをプレゼントしていただきました!
null



こちらはDAX用のフライホイールカバーとカムカバー。
DAXのロゴをあしらった、砂型成型の鋳物です。
null



ディスプレイは、あさひ輪業の店頭にて、実際に手で触れて、ご覧いただけるように展示中です。
null



今回、私から直接、木嶋会長に、シャリイ用のパーツを開発してくれるようにお願いしましたので、カッコイイ、シャリイ用のドレスアップパーツが新登場する可能性があります。今後のキジマ商品に大注目です!

木嶋会長、本日はどうもありがとうございました。






8月2日、あさひ輪業の新店舗開店当日にご来店いただいた、多くの皆様、どうもありがとうございます。



さてここで、新装開店の定刻前から、新店舗の前で開店をお待ち頂いていたお客様のDAXと、新店初の修理車輌となったお客様のシャリイを紹介させていただきます。

こちらのDAXは、K1−4型。一連のシリーズ中、最初期型の次の型になります。
塗装、外装、エンジンなど、未再生ながら、なかなかのグッドコンディションを保っています。
null



オーナーさんは、この車輌をネットオークションで購入しました。手に入れたときは、調子が悪く、通常走行にも支障がある状態でしたが、あさひ輪業で、点火系、電装系、エンジン、駆動系のリニューアルをかけ、今では、通学や日常の足として、トラブルも無く毎日快調に走り回っています。
null



注目はオプションサイドスタンド。
現在では、現存数が少なく、結構なレアアイテムとなっているようです。
null



続いては、シャリイK2−3型。
弊社製、『4Jホイール対応ショートフロントフォーク』を使用して、前後共に4J化してあります。
null

▼4Jホイール対応ショートフロントフォークの詳細は⇒こちら


『始動不良』とのことで修理入庫してきましたが、大きなトラブルは無く、初歩的な方法で解決しました。
オーナーさんから、『せっかくなので定期点検もしてください。』とのご依頼を頂き、点検後の納車となります。
原付や、カスタム車輌といえども、定期点検や日常点検は、トラブルを未然に防ぐためには重要です。
null



こちらの車輌は、弊社でメインハーネスをワンオフ製作して、12V化、CDI点火となっています。
null

▼12V化の方法は⇒こちら


ノーマルライクで控えめな外観としながら、ロー&ワイド、『折りたたみハンドル』  『ステムプレート』などでさりげないドレスアップを施してあります。
null

▼4J仕様の作り方は⇒こちら







弊社デモ車輌の 燃料計付き フューエル フィラー キャップ をオーバーホールしてみました。
このタイプの タンクキャップ は、既に生産中止となっており、不具合がある場合はオーバーホールするしかありません。

デモ車輌の詳細は⇒こちら

null


【関連記事】
モンキーの 初期型タンクキャップ 再生方法の詳細は⇒こちら



この 燃料計付き タンクキャップ は、 スーパーカブ や シャリー などの旧型モデルに純正採用されていた、機械式の物です。
まずは、破損しないようにメーターリムを外して、構成パーツを分解します。
null



各パーツを丁寧に清掃しましたが、メーターリムや、フロートのガイド部分(キャップインナー)などはサビがひどかったので、再メッキ加工をしました。
純正では全てユニクロメッキですが、メーターリムは、クロームメッキにしてみました。
null


【関連記事】
クロームメッキ加工の詳細は⇒こちら



再メッキした、メーターリムの裏側です。
null



こちらは、フロートのガイド部分(キャップインナー)です。
これは元通りのユニクロメッキとしました。
null


【関連記事】
ユニクロメッキ加工の詳細は⇒こちら



フロートシャフトもきちんとメッキ処理します。
再メッキで表面が滑らかになったことにより、フロートの作動がスムーズになりました。
null



細かいパーツが多いので、紛失や破損に注意しながら、元通りに組み立てます。
この際、メーター内部(文字盤)に異物が混入しないように十分注意しましょう。
null



フロートと指針の連動や、指針と文字盤の位置を確認した後、正しく作動するか確認して、完成です。
null



ついでに、表面の傷みがひどかった燃料タンクもクロームメッキにしてみました。
私、個人的には、メッキ加工を多用したカスタムは、あまり好まないので、
『普段は見えないところだけ』メッキにしてみました。
null


【ご注意】
燃料計付き フューエル フィラー キャップ は、パーツの劣化が激しい場合、オーバーホールやメッキ加工が出来ない場合があります。
また同様に、分解、組み立て時に破損することがありますので、ご注意ください。



あさひ輪業では燃料タンクキャップのオーバーホールを承っておりますが、パーツの劣化状態によっては、作業や、加工をお断りさせていただく場合もございます。あらかじめご了承ください。






オーダーメイドの スロットルケーブル 製作 の様子を紹介します。

以前にも、カスタムスロットルケーブル製作の様子を紹介しましたが、今回は、初期型シャリイのノーマル形状のままとして、長さだけ150mmロングの物を製作しました。

前回紹介したカスタムスロットルケーブル製作の様子は⇒こちら


まず、ケーブルエンドなど、再使用するパーツを外すために、ベースとなるノーマルケーブルを分解します。
null



こちらは、新造するロングケーブルの材料。
null



アウター、インナーは勿論のこと、ケーブルエンドやアジャストナットなども新品を使用します。
null



キャブ側のケーブルエンドキャップは、単品での部品供給が無いため、分解したケーブルの物を研磨して再使用しました。
null



まずは、アウターの製作。
150mmロングの長さに切断して、断面を整え、ケーブルエンドキャップを取り付けます。
null



インナーの飛び出し量(アウターケーブルとの長さの比率)を間違うと、スロットルバルブの作動不良に直結しますので、切断の際の長さと、タイコの取り付け位置には十分注意します。
null



こちらはキャブレター側の画像。
ノーマル形状を忠実に再現します。
null



完成後の全体像。
ノーマル形状なので、当然インナースロットル&ノーマルキャブに使用が可能です。
でも、長さは150ミリロングなので、アップハンドルにも対応しています。
null



ケーブルエンドの制作方法の詳細は⇒こちら

あさひ輪業では、通販形式でスロットルケーブルの製作を承っております。
詳細はお電話にてお問い合わせください。







本日行った キャブレター調整 のデーターを書いておこうと思います。

先日紹介した、モトモトのハラダさんのシャリイを最終調整しました。いわゆる キャブレター セッティング と言うヤツです。
null



ハラダさんによると、『M型モンキーのレストア企画』でおなじみの『デイトナの矢嶋さんが率いる、4ミニ軍団と、合同ツーリングを企画中』とのことで、夏季ツーリングに対応したキャブレターのセットアップを行いました。
null



キャブレターの形式によって、 メインジェット パイロットジェット スロットルバルブ ジェットニードル ニードルジェット などの構成部品の形状も異なります。画像はその一部です。     
null




本日のセットアップデータ

キャブレター           ケイヒンPC20
メインジェット           ♯90
パイロットジェット        ♯35
スロットルバルブ         20D
ジェットニードル         18334
バークリップ段数        上から2段目
エアーアジャストスクリュー  1 3/4戻し

天候       晴れ
気温       摂氏26度
湿度        52%
総試走距離   83km


キャブ セッティング キャブ 調整 というのは、エンジンの仕様(排気量、カムプロフィール、バルブ径、ポート形状など)や、点火時期、一次減速比、二次減速比、最終減速比、マフラーなど、車体個々の組み合わせ条件の他、ライダーの体重、気温、湿度、気圧などの外的要因にも影響を受けるので、それぞれの車輌ごとに、試走しながらの細かなセットアップが必要です。

したがって、あさひ輪業では、お電話やメールによる、『個々の車体の キャブレターセッティング の方法』についてのお問い合わせにはお答えしておりません。

誠に申し訳ございませんが キャブセッティング キャブ調整 を御依頼頂く場合は、車輌持込にてお願いいたします。






«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 || Next»

あさひ輪業通信販売 オンライン Bike Bros オンライン あさひ輪業社ステッカー販売 仔猿

TOP レストア 営業方針 過去の仕事 通信販売 カスタム車両ギャラリー 店舗案内 リンク