あさひ輪業デモ車 簡単4J、ローダウン
あさひ輪業TOPIX
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 || Next»
Z50Z型モンキーの場合、ライトスイッチ付きのメインスイッチを残したまま、12Vモンキーの電装を使用するには、『アース側回路断続式4芯タイプ』のノーマルメインスイッチは使用できません。

そこで、『プラス側回路断続式6芯タイプ』のDAXやシャリイの物を流用するのが一般的ですが・・・

下の画像のように、キーベースの頭の形状がZ50Zとは違います。とことん拘ると、キーの形もノーマルZ50Zの形状にしたいものです。
null

null



そこで、元々Z50Zに使用していたメインスイッチ内部のキーシリンダーピンを、流用するDAXの6芯タイプのメインスイッチに移植しました。
これにより、Z50Zに使用していたキー1本で、新規に使用するDAXのメインスイッチと、元々のハンドルロックとの両方を操作できます。
null



まずは、DAX用、Z50Z用それぞれのメインスイッチを、破損しないように丁寧に分解します。
null



ピンシリンダーの分解図。左がDAX用、右がZ50Z用。
当然ですが、キー山が違うので、シリンダーピンの高さも違います。
null



シリンダーピンは、互換性がありますので、このZ50Z用のキーに合わせてシリンダーピンを組み替えればよいわけです。
null



シリンダーピンには方向性があるので、組み込みの際には注意が必要です。
青円がキー側、赤円が、シリンダー側です。
null



まず、キーシリンダーに、スプリングとリテーナーを組み込みます。
使用している工具は、歯科用のピンセットです。ステンレス製なので磁気を帯びず、材質も硬いので、とても使い勝手がよいのでお勧めです。
null



次にシリンダーピンを組み込みます。
キー山に合わせてピンの高さが異なりますので、配列に注意しましょう。
null



ピンやスプリングが途中で脱落しないように、慎重にシリンダーの中に収めます。
null



キーシリンダーとローターハウジングを結合します。
null



ローターの構成パーツ。ボールやスプリングにグリースを塗布して組み立てます。
null



接点部分には接点専用グリースを塗布して組み立てます。
null



接点プレートを取り付けて組立は完了ですが、DAX用メインスイッチにはZ50Zなどに付いている接点保護ラバーがありません・・・
null



せっかくなので、ここも純正スタイルに拘って、ラバーも移植したいところですが、6芯カプラーを外さないとコードを通すことが出来ません・・・
null



そこで活躍するのがこのツール。
null



様々な形状とサイズの先端で・・・
null



こんな風に、カプラー端子を破損することなく抜き取ることが出来る優れモノ!
null

null



これで、保護ラバーの穴にコードを通すことが出来ます。
null



『プラス側回路断続式6芯タイプ』でZ50Zのキーベースを使用出来るメインスイッチの完成で〜す。
null



同じキーで開閉できるハンドルロックも、分解してメッキ&バフ加工をしてみました。
null



今回紹介した、ピンシリンダータイプの片面キーは、旧型HONDA車に使用されていました。70年代後半から現在に至るまで使用されているディスクシリンダータイプの両面キーと比較すると、構造が複雑で、分解や組立も、やや難易度が高いので、以前紹介した、『メインキースイッチのオーバーホール』を完全にマスターしてから挑戦してみてください。






レーシングワールド、ヌシハラさんから、試作品を受け取りました。
画像は、未塗装ですが、商品はブラックと、メッキの2種類を予定しています。
null



装着画像です。
車輌はフロント40mmダウン、リア280mmリアショック装着です。
null



センタースタンドにも対応します。
null



真上からの振り出し角度です。
ノーマルタンデムステップにも対応します。
null



全体のアップ画像です。
null



ノーマルキックアームにも対応します。
null



エキマニを緩やかなテーパーにすることと・・・
null



中間パイプをΦ32〜Φ35に段階的に拡大することで、中低速トルクのUPを実現。
null


本日、試運転をしましたが、今まで使用していた、RPM管より、明らかに中低速のトルク増大を体感できました。

ヨシムラなどの、高価な高性能マフラーとは一概に比較できませんが、コストパフォーマンスを考えると、同じ価格帯のマフラーの中では、十分にエンジンのポテンシャルを引き出す能力があるなぁと感じました。

さすがはヌシハラさん。なかなかやりますね!







先日ご紹介した、シャリイ用 ヌシハラ管の進行状況です。

タンデムステップが取り付け可能なように・・・

この角度から・・・
null



この角度に変更してもらいました。null



ちなみに真上からの眺めはこんな感じです。
さすがはアニキ!絶妙なクリアランスです!
null



ローダウン車輌だと、以前の角度でもタンデムステップは干渉しなそうですが、ノーマル車高だと、やはり下の画像の角度になりそうです…

センタースタンドはどちらでもクリアできるとして…
皆さんはどちらの角度がお好みでしょうか?


072−653−0298
レーシングワールド本店の主原さん

または、
043−424−0011
あさひ輪業の松井まで、

ご意見をお聞かせいただけると助かります。

皆様のご意見をお待ちしております!





本日の主役は、頼れるアニキ、レーシングワールドの主原塾長です!
null

主原さんのブログは⇒こちら

昨年、鈴鹿で行われた、 エンジョイ4ミニ2010 をきっかけにスタートした、あさひ輪業と主原塾長のコラボ企画、その名も『シャリイ用 ヌシハラ管』



只今、試作の初期段階。角度や取り回し、各部のクリアランスの詳細を、主原さんと私で打ち合わせながら完成に近づけていきます。



エキパイ部分と中間部分は、それぞれ異径のパイプを接続して排気効率UPを図ります!せっかくなので、妥協せずに拘った造りにしています。



絶妙な取り回しで、ローダウン車輌に装着しても、路面との接触はありません!



純正タンデムステップ、純正センタースタンドにも対応できるように、さらに微調整を重ねて試作を繰り返しています。


シャリイ用のマフラー選びで迷っているという方には、一押しの商品です。

完成、発売まで、もうしばらくお待ちください!







本日の主役は、 Gクラフト の頭脳の中心『ケンタ』こと、今村製造部部長です。
null



今村部長は、普段は、こんなお仕事をしています。
設計、試作、製造と、何でもこなす腕利きの職人さんなのです。
null

Gクラフト 開発部ブログ は⇒こちらから


さて、その今村部長が、あさひ輪業にご来店くださいました。先日ご紹介した、
『 Gクラフト × あさひ輪業 コラボ企画 』新型ワイドフロントフォークの最終打ち合わせのためです。

新型ワイドフロントフォークの詳細は⇒こちらから


今村部長、ブレーキパネルや、ウインカーステー、ステアリングストッパーなど、細部の形状を確認しながら、頭の中で図面を引いている様子。さすがです・・・
null



あれ、フォークとは無関係な、フレームの中を覗き込んで、何やら思案中の様子・・・
じつは、『あさひ輪業で企画中の、シャリイ用新型フレーム』の開発に一肌脱いでくださることになったのです!
なんとなんと、『Gクラフト×あさひ輪業コラボ企画第二弾』のスタートです!!!
null



というわけで、8時間以上にわたる打ち合わせの末、新型フォークと新型フレームの製作を開始するため、試作用の車台は、Gクラフトさんの工場へと運ばれてゆきました。
null


どちらの商品も、春頃の『モトモト』の誌面で詳細をご紹介できると思います。
null



新型フォークも、新型フレームもこれまで存在しなかった新しい視点で開発中ですのでご期待ください!






«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 || Next»

あさひ輪業通信販売 オンライン Bike Bros オンライン あさひ輪業社ステッカー販売 仔猿

TOP レストア 営業方針 過去の仕事 通信販売 カスタム車両ギャラリー 店舗案内 リンク