«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 || Next»
Posted by: ASAHI
先日修理入庫した、『 メッサーシュミットKR200 』のその後です。


初期型の丸鷲のエンブレムがノーズに輝いています。
null



ん〜。何度見ても、やっぱり飛行機っぽいですね・・・
null



さて、オーナー様よりの依頼で、『輸送中に、ライセンスプレートランプのレンズを破損してしまったので、これも修理したい』とのことでしたが・・・
null



パーツの入手は困難ですし、この状態だと修復は難しいですね。
null



『いっそのこと、作ってしまおう』ということで・・・
今後のことも考えて、スペアも含めて複数枚、複製しました。
null



マスターとなるオリジナルと、複製品。見分けがつかない精巧さです!
null



テールランプユニットに取り付けて完成。
null


旧型車の絶版レンズの複製は、

二輪、四輪問わず承りますので、お問い合わせください。



穴だらけで爆音仕様だったマフラーは、ステンレスで新造。
null



音量はノーマル程度に抑えていますが、中低速のトルクはUPしています。
null



マフラーに合わせて、キャブレターもミクニ製に換装。
セットアップパーツが容易に入手できる国産キャブへの換装は非常に有効なチューニング手段です。
null



このKR200に搭載のエンジンは SACHS(ザックス)製の2ストローク200cc

SACHSといえば Kreidler (クライドラー)や Zündapp (チュンダップ)と並ぶドイツ2輪メーカーの老舗ですが、大御所 BMW(べー・エム・ヴェー)の台頭ですっかり影が薄くなってしまったようですね・・・






Posted by: ASAHI
ステンレス製のマフラーやエキパイの『焼け汚れ』に悩まされていませんか?

下の画像ぐらい焼けてしまうと、コンパウンドでゴシゴシやっても取れませんよね・・・





null



既成の研磨剤では落ちないステンレスの汚れが、面白いように除去できます。

使用前、使用後のエキパイの輝きの違いは、下の画像の通りです!

null



しかも、力を入れる必要も、バフなどの機械を使用する必要もありません。

小学校低学年くらいの労力と技で十分!

試しに沙莉衣にやらせてみると、布で擦るだけでピカピカになるのが面白いらしく…

すっかり磨き作業にハマってしまった様子です(笑)

一時間弱で、全体の輝きを復活させていました。

null



作業前

null



作業後

null



作業前

null


作業後

null



120グラム入り、¥2100(税込み)です。

ステンレス製マフラー専用です。

null





なんだか、海外の通販番組のような展開のブログになっていますが・・・

商品は、 『 ヨシムラ ジャパン 』の優れモノですのでご安心を・・・







Posted by: ASAHI
モンキー DAX シャリイなどを中心に採用されている合わせホイール。メンテナンスに慣れたユーザーの方ならば、タイヤ交換などの作業も簡単にこなせることだと思います。


でも、初心者の方に多い失敗があるので、同じ構造のメッサーシュミットKR200を例に、タイヤ交換の要注意点を紹介します。
null

メッサーシュミットKR200の記事は⇒こちら


下の画像は、ホイールリムボルトを外してリムを分解後、タイヤを取り外した状態です。チューブの赤円で囲った部分を、左右のリムの間に挟みこんでしまう失敗が、意外と多いようです。
null



リムの赤円の部分に、チューブを挟んだままホイールリムボルトを締めこんでしまい、チューブが切れてしまうのです。
null



タイヤ、チューブと、片側のリムを仮組みした状態で、赤円で囲った部分のように、チューブがリムの上に掛かっているようだと、要注意です。
null



反対側のリムを乗せた後に、ホイールリムボルトを仮締めして、ビード部分を押し下げて、チューブの噛み込みが無いかをよく確認します。下の画像では、赤円で囲った部分で、左右のリムの間にチューブが挟まっているのでNGですね。
null



このように、ビードを押し下げたときに、反対側のリムが見えている箇所は大丈夫。
ホイールリムボルトを本締めする前に、必ずリム全体を確認しましょう。
null



最後に、エアーバルブ付近に、引き攣りや噛み込みが無いかもよく確認しましょう。
null



問題なくホイールとタイヤ、チューブを組み立てられたら、規定の空気圧でエアーを充填して車体に取り付けて完成です。

ベテランユーザーの方は、『そんなの知ってるよ』という方も多いかと思いますが、弊社にタイヤ交換で入庫してくる車輌の中には、噛み込みによる破損で、チューブの再使用が出来ないものも結構見受けられます。ご自分で合わせホイールのタイヤ交換やパンク修理をされるユーザーの皆さんは、今一度、作業時の確認をしてみてください。






«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 || Next»