あさひ輪業TOPIX
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |...| 30 | 31 | 32 || Next»
新年、あけましておめでとうございます。

お客様、ならびに取引先の皆様に幸多き一年となりますようお祈り申し上げます。

本年も、ご愛顧のほど、宜しくお願い申し上げます。

null


今年の年賀状、弊社が創業10年を迎えたのを機に、私のかつての古巣、海上自衛隊の輸送艦『』さつま』にも感謝の意を込めて、また、私自身も初心を忘れることなく、機械整備に一層の精進を重ねてゆく決意でこのデザインにしました。

太平洋戦争当時の激戦地、硫黄島沖での揚陸訓練時に、本艦の搭載艇から私自身が撮影した艦影です。

老朽化のため、平成14年に除籍、廃艦となってしまいましたが、私の心の中では『さつま』は今でも波を蹴立てて、勇ましく大海原を進んでいます。


なお、1月5日より平常どおりの営業となりますので宜しくお願いいたします。

営業時間 10:00〜19:00

定休日  毎週日曜日 第二、第三月曜日







弊社製作のCZ70仔猿を紹介させていただきます。仔猿シリーズの中でも、造形にこだわった一台で、他の姉妹車種のように、『ディフォルメ』ではなく、CZ100を元に忠実に『スケールダウン』した外観がなんとも愛らしい機種です。
null






リアビュー。フレーム形状も、よく特徴を捉えています。
null



後方に映っている、オーナーさんの足元と比較しても、その小ささがお分かりいただけるでしょう。
null



特にこだわったのがこのタンク。
樹脂製のダミータンクなので通常のウレタン塗装、メッキ加工では対応できません。試行錯誤を繰り返し、ここまで仕上げました。ちなみに、側板は、他のCZ70オーナーさんのご協力で、施工していただいたメッキシートの張り込みによって再現されています。クロームメッキに引けをとらない輝きです!
null



タイヤは、CZ100よりも小さい、なんと、90/70−4サイズ!
null



エンジンは、富士ロビン製の4サイクル35cc
シュラウドも、シルバーに塗装して、雰囲気を出します。
null



クラッチは、乾式遠心式。
ゴールドカバーはオーナーさんのハンドメイドで装着。カッコよく決まっていますね!
null



現在、仔猿の販売車輌は、新車、中古車ともに弊社に在庫がございません。

購入を御希望のお客様は、

こちらの⇒ CKデザイン さんのホームページからお問い合わせください。






先日お知らせした、『 Gクラフト × あさひ輪業 コラボ企画 』の途中経過です。前回までの作業で、ステムとトップブリッジの寸法出しまで出来ました。
null



今回、フォークアウターの製作に掛かりました。
null



フレームや、トップブリッジとの着脱を何度も繰り返して、全てのパーツの位置関係を合わせながら溶接してゆきます。
null



こちらはヘッドライトステー。
簡易的に治具を制作してから、アウターに溶接します。
null



位置決めが終了した段階です。
手前の白いフォークは、K1型のノーマルフォークです。
null



実際にフレームに組み込んで、インナーフォーク、ハンドル、ヘッドライト、ホイールなどとの位置関係を割り出して、微調整を繰り返します。
null



現在の進行状況は、ここまでです。
商品化までには、ワイドホイールや、ダブルディスクブレーキなどにもボルトオン対応できるようなフォークにしたいと考えています。
null



ちなみに、向かって左側が4Jホイール装着車輌です。

null



試験的に100mmショートのインナーフォークと組み合わせてあります。
画像左側の車輌は40mmショート+4Jです。
null



ローダウンフォークや、ダンパー内蔵インナーフォークなどにもボルトオン対応できるように開発中です。
null



画像左  4Jフロントフォーク

画像中  2.5J(DAX シャリイのノーマルホイール)

画像右  開発中のフロントフォーク
null



出来るだけ早い時期の商品化を目指して開発中ですが、

妥協の無い仕上がりの商品を目指したいと思いますので、

今しばらくお待ちください。

宜しくお願いいたします。






固定式フォークの車輌に分離式フォークを移植すると、ビンテージな雰囲気に変わって、カッコイイデスよね!

そのDAXやモンキーの分離式フロントフォークには、着脱作業を簡単に行うためにヘッドパイプノブが装備されています。
null



でも、純正の分離式フォークは入手困難で高価だし、海外製のコピー商品はイマイチだし・・・

そんな理由で、これまで装着に踏みきれなかったというユーザーさんもたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

私も、そのうちの一人でしたが、朗報です!!!

null




null



スリーピース構造で、なんと純正では不可能だったノブ方向の調整機能まで装備しています。
null



固定式フォークの DAX シャリー モンキー のノーマルステムナットと交換するだけの簡単装着。

まずは、ノーマルステムナットを外して、キットのステムナットを取り付けます。
null



アジャストナット、ノブ本体を取り付け、お好みの方向にセットして完成。
null



ステム周りの剛性や耐久性は、分離式よりも固定式のほうが格段に高いですが、性能と佇まいの両立を目指したいユーザーさんには一押しのアイテムです!
null


ノブハンドルの折りたたみ機構や、純正の形状を細部まで再現した逸品です!
null


でも『やっぱり本物の分離式のほうがいいよ!』というご意見もあるかもしれません。そんなユーザーさんのために・・・


『ヘッドパイプノブ ダックス 分離式フォーク専用』

ダックス分離式フォーク専用ヘッドパイプノブ。
純正パーツの復刻品です。純国産の高品質をお届けします。

※固定式フォークの車輌には使用できません。

null



『ヘッドパイプノブ モンキー Z50Z型専用』

モンキー分離式フォーク専用ヘッドパイプノブ。
純正パーツの復刻品です。
純国産の高品質をお届けします。

※固定式フォークの車輌には使用できません。

null



『 レトロトップナット 』の購入は⇒こちら

『ヘッドパイプノブ ダックス 分離式フォーク専用』の購入は⇒こちら

『ヘッドパイプノブ モンキー Z50Z型専用』の購入は⇒こちら






ステンレス製のマフラーやエキパイの『焼け汚れ』に悩まされていませんか?

下の画像ぐらい焼けてしまうと、コンパウンドでゴシゴシやっても取れませんよね・・・





null



既成の研磨剤では落ちないステンレスの汚れが、面白いように除去できます。

使用前、使用後のエキパイの輝きの違いは、下の画像の通りです!

null



しかも、力を入れる必要も、バフなどの機械を使用する必要もありません。

小学校低学年くらいの労力と技で十分!

試しに沙莉衣にやらせてみると、布で擦るだけでピカピカになるのが面白いらしく…

すっかり磨き作業にハマってしまった様子です(笑)

一時間弱で、全体の輝きを復活させていました。

null



作業前

null



作業後

null



作業前

null


作業後

null



120グラム入り、¥2100(税込み)です。

ステンレス製マフラー専用です。

null





なんだか、海外の通販番組のような展開のブログになっていますが・・・

商品は、 『 ヨシムラ ジャパン 』の優れモノですのでご安心を・・・







«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |...| 30 | 31 | 32 || Next»

あさひ輪業通信販売 オンライン Bike Bros オンライン あさひ輪業社ステッカー販売 仔猿

TOP レストア 営業方針 過去の仕事 通信販売 カスタム車両ギャラリー 店舗案内 リンク