シャリィ後期型を、初期型4J仕様にカスタムしてみよう
▼4J仕様の作り方は⇒こちら


画像のあさひ輪業デモ車両は、後期型(Z−祁拭縫轡礇螢をベースに、使用パーツは全てボルトオンです。
▼シャリイの機種別早見表は⇒こちら

シャリイは年式や型式の違いによってパーツの取り付け適合がシビアです。
後期型の3本スポーク用フロントフォークに、初期型の4本スポークハブが付かない事をはじめ、後期型シャリーを初期型仕様にするのには沢山のポイントがあるのです。

シャリイのレストアやカスタムを考えた場合、初期型の程度の良いベース車を探すことも難しくなってきました。
そのため比較的新しい、後期型のベース車を探して、あさひ輪業オリジナルパーツを使用することで、ボルトオンで初期型仕様が仕上がります。(一部加工が必要な場合もあります。)
勿論、ボルトオンでローダウンや前後4Jなどのカスタムも可能です。

▼パーツリストとオンラインショップは⇒こちら

▼あさひ輪業デモ車両の詳細

▼4J仕様の作り方は⇒こちら