『仔猿』オーナーの方は、他車種に比べて『愛車のメンテは、全て自分で行う』という方が多いですが、我が家でも、同様、『愛車のメンテは自分でしよう』です。

そこで、最近、『仔犬』に乗り始めた娘(7歳)に、『燃料系統の消耗品交換の方法』を紹介させますので、仔猿オーナーの皆様は、参考になさってください。
null



1.まずは外装を取り外します。
null



2.エアークリーナーボックス、燃料チューブを取り外します。
null



3.スロットルケーブルを外して、キャブを取り外します。
null



4.キャブから、プランジャーポンプを取り外します。
null



5.プランジャーポンプは、消耗品です。定期的な点検交換を心掛けましょう。
null



6.ポンプをボディーから取り外します。
null



7.こちらは、燃料チューブ
  これも消耗品です。劣化した物と、新品を触って、硬さの確認中。
  『旧いのは、カチカチになってるよ…』
null



8.新しいチューブを燃料タンクに取り付けます。
null



9.新品のプランジャーポンプをキャブに取り付けます。
  ネジ径が小さいので、傷めない様に、まずは手で、ビスをセットします。
null



10.手で仮締めしたビスを、ドライバーで本締め。
   対角線上に少しずつ締めていきましょう。
null



11.あれ?順番が違うんじゃない?
  『あっ、キャブを先に着けてからだ!』
  何分にも、初心者ですので、スミマセン・・・
null



12.正解。
   キャブを取り付けた後に、エアークリーナーボックスを…
   ボルト穴の位置の確認を忘れずに。
null



13.チョークバルブや、スロットルが正常に作動するかをよく確認します。
null



14.外装を取り付けます。
null



15.使い終わった工具は手入れをしてから片付けましょう。
null


16.完成したら試運転。
   ビギナーでも、ベテランでもやっぱり、この瞬間が一番楽しいかな?
null