«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 11 | 12 | 13 || Next»
Category: あさひ徒然
Posted by: ASAHI
あの『 モンキー ダビッドソン 』が!キジマから50台の完全限定生産で復活!!

このキットは、全て新規設計パーツで製作された完全オリジナルモデルです。

null


スイングアームは10センチロングまで対応。(画像はノーマルスイングアーム)
null


リアフェンダー
null


2本出しフィッシュテールマフラー
null


フロントフェンダー
null


フェアリング
null


フォグランプ
null


フェアリングステー
null


フロントバンパー
null


サイドボックス
null


リアバンパー
null


アシストグリップ
null


リアボックス
null


null

null

null



さて、モンキーダビッドソン と言えば、かつて『 乗りもの館 』( のりものや )や、『 成島モータース 』で販売されて一世を風靡した人気モデル。
『 モンダビ 』の愛称親しまれ現在でも高い人気を誇り、高価なプレミア価格で取引されているほど。


弊社に残っていた、1979年の 乗りもの館 の広告。
価格はコンプリートモデルで『22万円〜』となっています。
当時のノーマルモンキーの新車価格が10万円ちょうどですから、非常に高価なモデルでした。
null



のりものや 仕様の モンキー ダビッドソン
null



こちらは1994年の 成島モータース の広告。
価格はコンプリートモデルで『44万8千円』となっています。
ちなみに、同年のノーマルモンキーの新車価格が17万9千円ですから、さらに高嶺の花となりました。
null



この成島仕様は、モデルとなった Harley-Davidson FLH のように二本出しマフラーと、キャストホイールを装備しています。
null



かつて、『 乗りもの館 』や、『 成島モータース 』で販売されて一世を風靡した『Mon−Davi』 こと、モンキー ダビッドソン。 当時モノ 派の方々や、本家 ハーレーダビッドソン 派の方々間では、今回のモデルには賛否両論あるかもしれませんが、 Harley−Davidson では醸し出せないユーモアと、旧モデルを遥かに超えたスケール感は素晴しい物です。






Category: あさひ徒然
Posted by: ASAHI
問題1  これは、何のフライホイールカバーでしょうか?

ヒント  6Vモンキーのものではありません。
null



問題2  この『Z50JE』の打刻は、何のエンジン番号でしょうか?

ヒント  6Vモンキーのものではありません。
null



では、答え合わせです・・・









見やすいようにまず、フライホイールカバーを外してみましょう。null

null

null



先ほどのエンジン番号は、ここにあります・・・null



マジメに考えてくださった皆様、

くだらないことに付き合わせてしまってゴメンナサイ。
null



そもそも、これは、

フライホイールカバーでも、エンジンでもありませんでした・・・
null



じつは、1/4スケールのミニュチュアでした・・・null



かなり昔からウチにある、私のお気に入りです。null



こうして、手のひらに載せて眺めると・・・

これを肴に、焼酎3杯はいけちゃいます。
null



ちなみに、こちらは、有名キャブレターのミニチュアキーホルダー。null



ビンテージスポーツカーオーナーの皆様はよくお判りかと思いますが…null



細部まで精巧に再現された逸品です!null



ボルトやナットもご覧の通りの細かさです。null



じつは、このキャブレターのキーホルダーは、弊社が樹脂パーツの再生などをお願いしている、modelbord さんのオリジナル商品なのです。

とっても腕の良い職人さんで、私も樹脂成形などに関する色々な相談に乗っていただいています。

『エンジンのミニュチュアを、あさひ輪業で販売したいなぁ』と真剣に考えています。

『手乗り横型エンジンの商品化希望!』というユーザーさんは、是非、あさひ輪業までメールでお知らせください。『DAXバージョンが欲しい』とか、『シャリイバージョンは無いの?』というようなご意見もお待ちしています。

リクエストを多数頂いた場合は、頑張って商品化します!





Category: あさひ徒然
Posted by: ASAHI
現在販売中のモトモト4月号は、『ミッション特集』です。

私は、先月後半、その誌面づくりに追われて溜まってしまった仕事が、いまだに消化できず、気絶しそうです・・・


さて、モトモト読者の皆さんは、この画像を見れば、何のミッションかは、もうお分かりだと思いますが、ちょっとだけおさらいです。
null



誌面でも紹介しましたが、このミッションには、二次変速機構は存在しません。
しかし、各部に6箇所もクラッチを備えています。



1速用遠心クラッチ



2速用遠心クラッチ



3速用遠心クラッチ



ラチェットポールワンウェイクラッチ



メインシャフトワンウェイクラッチ



キックワンウェイクラッチ



キックワンウェイクラッチは、このように、2速用遠心クラッチの内部にあるため、外観からは目視できません。


ちなみに・・・

プライマリーギアレシオ(一次減速比)クランクシャフト対メインシャフトの減速比

セカンダリーギアレシオ(二次減速比)メインシャフト対カウンターシャフトの減速比

ファイナルギアレシオ(最終減速比)ドライブスプロケット対ドリブンスプロケットの減速比

となります。


いわゆる『ミッション』というと、セカンダリーだけを指すことが多いですが、二次変速機の変速段数によって、『3速ミッション』とか、『5速ミッション』という具合に呼ばれていることに由来します。

また、セカンダリートップギアーが、『減速』ではなく『増速』されている場合(減速比が1以下の場合)もまれに存在しています。

例えば、メインシャフトトップギア23T、カウンターシャフトトップギア24Tとなっている場合、減速比は、23÷24=0.958となります。

SS50の5速ミッションのトップギアーなどがその例です。


ミッションについてさらに詳しく知りたい方は、モトモト4月号を買いに行こう!





«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 11 | 12 | 13 || Next»