«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 44 | 45 | 46 | 47 || Next»
Category: ビンテージ
Posted by: ASAHI
ようやくパソコンが復旧したので久々に更新します。

本日、仔猿のオーナーさんが昭和46年式のライフでご来店くださいました。
null

『懐かし〜い!』という方も多いはず。ところでこの個体、すこぶる調子が良くて、37年も前の軽自動車とは思えない俊足ぶりです。
私もそうですが、オーナーさんは『小さくて速いヤツ』が大好きなようで、ひとしきりライフの話題で盛り上がっていると・・・


こちらのライフのオーナーさんとも偶然お知り合いということでした。
null

このライフのオーナーさんと私は、とあるビンテージ車のイベントで知り合ったのですが、世の中狭いというか、『類は友を呼ぶ』とはよく言ったものです。


で、何を隠そう私も若かりし頃、ライフを転がしておりました。昭和48年式のGRというツインキャブ&2DR仕様のスポーツモデル。
null

ボアアップキットや5速ミッション、CRキャブを組み込んで街道レーサー気取りでしたが・・・


4DRのセダンもいいなぁ〜などと思い、さらに2台買ってしまいました。
null

ツインキャブ&5速のTwinと、シングルキャブのスタンダードです。
null

現在は3台とも手放してしまいましたが、なぜか縁があって、あさひ輪業にはライフのオーナーさんがたくさんご来店くださいます。


こちらのお客様は当時としては珍しいAT車
null

ATは、ベンチシート&コラムシフトです。


こちらのお客様はセダンのSTD
null

ポピュラーな機種ですが軽くローダウンされてます。


こちらのお客様はセダンのツインキャブ。
null

隣のお客様は、ライフとコンポーネントを共通とする兄弟車、ホンダZ


こちらのお客様は変わり種。ライフステップバンピックアップ
null

なんとこの車も基本コンポーネントはライフと共通車種。
さすが、昔の本田技研は一味違います!


しかし、これだけいろいろなタイプが現存しているとは・・・

えぇっ!?どこが違うか区別がつかないって?

グリルとかモールとかバンパーとか・・・あと、ミラーとかね・・・

機種とグレードによってビミョーに違うんですって!





Category: カスタム
Posted by: ASAHI
ローダウン&ワイドリムは、今やDAXシャリイカスタムの必須アイテム。
そこで、あさひ輪業に毎日のように寄せられる『シャリイのノーマルの足回りに4Jホイールをボルトオン装着できますか?』という質問にお答えします。

あさひ輪業で販売中のパーツを使えば4J化だって簡単です。
パーツリストとオンラインショップは⇒こちら


では、まずフロント周りから。

シャリイのノーマルフォークは大きく分けて2種類のものに大別することができますが、いずれのフォークも、無加工での4J装着は不可能です。これは、サスペンションがストロークした際にリムの耳がフロントフォークアウターの端と干渉してしまうためです。(ノーマルフォークの種類はモトモト2007.10月号『I LOVE Chaly』のコーナーで紹介していますので参考にしてください。)

では、どうしたらボルトオンで4J化できるのでしょう。最も簡単なのは、あさひ輪業製の『4Jホイール対応ショートフロントフォーク』を使用する方法です。
  (詳細は⇒こちら)

このフォークは形状をノーマルと同様としながらも、アウター長を変更することにより、ストロークした際でもリムとの干渉を避けられる構造になっています。また、強化タイプのショートスプリングを採用し、初めからローダウンも施されており、面倒なスプリング交換も必要ありません。また取り付けもノーマルフォークと交換するだけなのでとっても簡単です。


ただし、シャリイ用のカブトフェンダーと併用する場合、一部小加工をします。

画像の,陵佑法▲侫Д鵐澄璽好董爾離廛譽梗をプラハンマー等で起し、平らにします。(リムの耳との干渉を避けます)

次に△良分を削って外側に追い込みます。(ステーをハの字に開いて干渉を避けます)

以上の箇所の加工で簡単に4J化が完成です。


さて、フロント4J化が簡単に出来たところで、お次はリアです。

こちらはノーマルのスイングアームを使用します。スプロケットは前後とも、Gクラフト製のオフセットタイプを使用します。この方法なら面倒なチェーンラインやホイールセンターの調整も必要ありません!

ただし、この場合ノーマルよりも太いサイズのリアショックを装着すると、チェーンとリアショックが干渉することがあります。また、37T以下のリアスプロケットを使用するとスイングアーム上部とチェーンが干渉するので注意が必要です。
画像ではあさひ輪業製の『フルカバータイプショートリアショック』を使用しています。 (詳細は⇒こちら)


ここでちょっとポイントです。

画像のの箇所、左右のリアアクスルサイドカラーの外側に、クリアランス確保のための2亳のワッシャーをそれぞれ1枚ずつ挟んでホイールを装着することで、よりクリアランスが取れて安心です。
ただし、必ず左右に同じ厚さのワッシャーを使用しましょう。片側だけに入れたり、厚さが違っていたりすると、ホイールセンターが狂ってしまいます。


おまけですが・・・
ノーマルチェーンケースも着けたいというユーザーさんに・・・

後部のステーはい陵佑棒擇蠎茲蝓位置を下げて干渉を避けます。このとき、リアショックとチェーンケース。チェーンケースとドライブチェーンのクリアランスを、ワッシャーなどで調整しながら組み込むと、より余裕のあるクリアランスが確保できます。


次に前部のステーは・・・

ノーマルのチェーンケース前部のステーは上側に向かってL字に曲がってスイングアームに溶接されていますね。これを曲げなおして下に向かってL字にします。
つまりイ里茲Δ望し取り付け位置を下げるわけです。
走行前にドライブチェーンの干渉を確認して、必要に応じて微調整します。


どうですか?簡単でしょう?
ハブはフロント、リアいずれの場合も、ノーマルのハブを無加工で使用します。(リムやスプロケットの装着はGクラフトさんの取扱説明書に従って正確に行ってください)
いずれの箇所も大掛かりな加工機械や溶接などは一切必要なく、ハンドツールで簡単に加工できます。

さあ!皆さんも『簡単4Jホイール化』挑戦してみてください!!

▼デモ車輌の詳細は⇒こちら

▼4Jホイール取り付けの詳細は⇒こちら





Category: あさひ徒然
Posted by: ASAHI
ところで、なんでミゼットの前で水着を着て準備体操をしているかというと・・・

あさひ輪業恒例の『』ミゼットプール』です。



毎年この時期は、作業が立て込んでいて夏季休業が取れません。せめて水遊びでもさせてやろうと思いますが、敷地が狭いのでプールが使えません。

でも、これならOK。
小さな荷台もプカプカ浮かぶ程度なら十分です。


旧車フリークの方々からは『もったいない』という声も聞こえてきそうですが・・・

ミゼットは日本の高度成長時代を支えた、質実剛健の三輪トラックです。普段の整備さえ怠らなければ、なんてことはありませんよ。

4ミニ用のトランポに軽トラを使っている人にもお勧めです。軽トラプールなんていかがですか?
家族から『休みの度にバイクばっかりいじって!』と言われて、肩身の狭いお父さん!株が上がること請け合いですよ!





«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 44 | 45 | 46 | 47 || Next»